お知らせ

2023 / 08 / 13  

パワーの源

台風の影響か、連日の酷暑が少し落ち着いている相馬です。

 

昨日は全館貸切で、小学生の団体様御一行にお泊まりいただきました。

大人28、こども31の計59名様!
滅多にない人数です。

 


みなとやから車で約10分の場所に、ソフトボール場とサッカー場、グラウンドゴルフ場があります。

今回のご利用は、福島県は中通りの二本松市からお越しのソフトボール少年団の皆さま。

こうしたスポーツ合宿等の受け入れも行っておりますので、人数や食事など、お気軽にご相談ください。

 

しかし、昨日のチェックイン後の玄関は壮観でした!

IMG_3369.jpg

ご覧ください、ずらりと並んだスポーツシューズ。
館内に満ちる元気な声は、私たちのパワーの源でもあります。

なんだかうれしくなりました。

(若旦那)

2023 / 08 / 12  

旅の途中で

昨日の山の日から、お盆休みが始まった方も多いのではないでしょうか。

 

本日のみなとやは、小学生たち55人がご宿泊です。
もちろん全館満室、賑やかな夕食どきが想像されます(ただいま仕込みの真っ最中)!

 

 

1階ロビーの一角に、相馬の観光名所やイベントのチラシ等さまざまなパンフレット類が並ぶラックがあります。

363921398_250200157480467_4850056074216890572_n.jpg

 

この春から、ラックの一隅に「何でも自由帳」を置きました。

20230812_103433.jpg

 

時間をみつけて読むのを楽しみにしている自由帳。

 

こころのところ開いていなかったな、と思いひさびさにページを繰りました。

 

食事の感想やイラストの書き込みを見つけて、しばしほっこり。

363931081_807865977649062_8643091600022627314_n.jpg

 

363831468_997056698306783_7373546365777142154_n.jpg

 

363904697_820954086300763_8540336567438847951_n.jpg

 

旅の途中で残す記録。
携帯で写真を撮って、ご自分の思い出にする方はたくさんいらっしゃると思います。

この自由帳は、わたしたちに宛てられた手紙のようなもの。

いつまでも手元に残し、見返すのが楽しみです。

 

 

いつかまた、みなとやにお越しくださいませ。

変わらずに、わたしたちはこの場所で皆さまをお待ちしたいと思います。

(若旦那)

2023 / 07 / 31  

小田原とのご縁

小田原とのご縁

足早に駆けていった7月も今日が晦日。
伝統行事・野馬追も最終日、昨日の甲冑競馬と神旗争奪戦にはおよそ2万8千人もの観客が集まったそうです。

今月はじめのことですが、神奈川県小田原市から22名のお客さまに宿泊いただきました。

小田原は、東日本大震災をきっかけに深いご縁が生まれた場所。
2011年の5月から7週間にわたり、市民ボランティアの計96人が相馬を訪れ、当時避難所になっていたスポーツアリーナそうまの裏の中央公民館(現・千客万来館)に宿泊し、毎日ボラセンに通って泥かきや避難所での配膳、写真洗浄などさまざまな活動にあたってくださいました。

震災後も毎年相馬を訪れてくださる方がいるほど、交流が続いています。
浜の駅松川浦にかかっているモミの木の看板や、相馬市役所のヒノキポストは、小田原の報徳の森プロジェクトから寄贈されたものです。

今回のご宿泊は、当時の市民ボランティア参加者を中心とした方たちで、その様子が小田原の地域情報紙「タウンニュース小田原・箱根・湯河原・真鶴版」に掲載されました。

https://www.townnews.co.jp/0607/2023/07/22/688984.html

 

震災当時、避難所で生活していた私は今回ご宿泊のボランティアの方とも面識があり、しみじみと12年という年月を考えました。
東日本大震災後、何度も起きる地震を体験し、もう二度とあの時とおなじ思いはしたくない、と毎回願います。

12年前のあの時、ホテルみなとやの営業を続けるかどうか社長が決断するまでは、ただただ下を向いて待つことしかできませんでした。

一つひとつの出来事が、今でも鮮明に思い返されます。

いまこうして、みなとやにいられることに喜びを感じない日はありません。
それは、相馬に何度もなんども足を運んでくださる小田原の皆さまをはじめ、みなとやを訪れてくださるお客さまが教えてくれたこと。

みなとやの前でまた笑って写真を撮れる日が来るなんて、あの時は想像もできなかったことです。

この12年で皆さまに教えていただいた人への感謝の気持ちをもっと考え、成長しながらがんばっていきたいと思います。

 

今日も暑い相馬です。
そして明日からは早や8月。

夏の盛りに一層の笑顔で、お客さまをお迎えしたいと思います。

(若女将)

2023 / 07 / 26  

空室カレンダーを作りました

週間天気予報を見ても、雨マークが見当たらない相馬です。

 

今日の予想最高気温は33度。
洗濯物がよく乾くのはありがたいのですが、農作物のことを考えるとお湿りがほしいですよね。

 

学校が夏休みに入り、ありがたいことにご予約や空室状況のお問い合わせが増えてまいりました。

トップページの「ご予約状況」で、お部屋の空き状況をご覧いただけます。

 

PCでご覧いただく場合の画面↓

 

空室カレンダーを作りました

 

 

 

スマホでご覧いただく場合の画面↓

 

スクリーンショット 2023-08-03 10.28.09.png

 

お食事の相談や確認事項がございましたら、お気軽にお尋ねくださいませ。

 

2023 / 07 / 25  

うまい酒、揃ってます

うまい酒、揃ってます

ドリンクメニューに、新たな日本酒が仲間入りしました。

浪江町は鈴木酒造店さんの、「常磐ものの魚にあわせた磐城壽」シリーズです!

鈴木酒造店さんは、江戸時代末期に創業した老舗の酒蔵。
海を間近に望む場所にあった酒蔵は、東日本大震災による津波で流されてしまいました。

山形県長井市へ移転し酒造りを続け、震災から10年経った2021年、道の駅なみえのオープンに伴い、故郷・浪江での酒造りの再開を果たしました。

 

「魚酒マリアージュ」と銘打ち、ヒラメやホッキ貝、モクズガニなど、いわゆる「常磐もの」と呼ばれる魚介類にぴったりの日本酒を打ち出しています。

数ある中から、みなとやでは「ヒラメ」・「ホッキ」・「カレイ」の3種と合う日本酒を提供中!
旬の食材に合わせてつくったとあり、なくなり次第の終了で、今後も新たなラインナップが登場予定だそうです。


お客さまへ、季節の恵みを召し上がっていただくことに力を入れているみなとやでは、この日本酒に懸ける想いに共感し、今回提供を始めました。

↓ぜひ、鈴木酒造店さんのホームページもご覧ください。↓
http://iwakikotobuki-namie.com/joban-mono/#sc__gal

 

こちらの日本酒は、飲み放題プランの対象外です。
単品でご注文くださいませ。

夏の汗を大浴場でさっぱり流し、夕食で冷えた日本酒をキュッと飲む!

皆さまのご宿泊をお待ちしております。

 

(若旦那)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...